日语句子唯美简短 日语有哪些很唯美的句子啦

1、 ひっそり远くから、もしかすると离(はな)し难(がた)いのか。黙々(もくもく)と静かに、もしかするととても価値(かち)があるのか。仆はまだここで待っている。悄悄的远远的或许舍不得,默默地静静地或许很值得,我还在某处守候着2、 私はまだ小さかった顷、どこへ行くにも一绪だった、あの青い自転车に乗りながら,ある时,ふと思ったんだ,一度もむしろ振り向かずに,私はどこまではしれるかなって。あの时、私は试したかったのは 一体何だっただろう 。- 《蜂蜜与四叶草》3、 今日も日が升り|また沈む|朝咲く花が|首から落ちる|今日も日が沈み|また升る|辺り一面|花が咲く|けれど昨日とは别の花|去れと|今日も绮丽な花 物转星移,花开花落,周而复始,生生不息,但今昔已非昨日,然今日花容依旧。 《虫师》4、 もし わたしが雨だったならそれが永远に交わることのない空と大地を繋ぎ留めるように、谁かの心を繋ぎ留めることができただろうか。如果我是雨的话,也能像连接那永远都不将交汇的天空和大地一样,去连接某个人的心吗。 – 《死神》

日文的唯美句子,尽量多点吧

1ときに、真に、ときに见つけるだけでどのように弱々しい言语を何かの爱(.当你真正爱一样东西的时候你就会发现语言多么的脆弱和无力)2私の野生の南に离れた人を欠场急いで雁行形态を知るようになる(我想知道这些仓皇南飞的大雁究竟带走了谁的思念)3时间として、次のいずれかにメモリの花弁春のタイミングによっては、最初は花びらを埋めている鲜やかな色を失って行く。悲しいの行に、マーク、浮き沈みの年までに残ってそれを见た。サイード、录音投影苦しんするこれらは、前世纪の悲しい歴史があります(记忆的花瓣随着时光流逝到下一个时机的春天,漫天的花瓣失去了原由的鲜艳色彩.看到的却上一悲伤的纹路,带着沧桑岁月留下的印记.说是苦痛的投影,记录是那上世纪的心酸历程)

找一些比较优美的日文句子,经典语句

花が咲き、そして散る。星が辉き、いつか消える。この地球も、太阳、银河系、そして大きな宇宙さえもいつかは死する时が来る。人间の一瞬などそれらに比べれば瞬きほどのわずかなものであろう。そのわずかな一时に、人はうまれ、笑い、涙、闘い、伤つき、喜び、悲しみ、谁かを憎み、谁かを爱し。すべては刹那の邂逅。そして谁かも死という永远の眠りに包まれる。之前在网上看到的,目前偶最喜欢的一段,色调比较暗,沙加的台词来的,很像他的风格~

原文链接:https://www.meipaixiu.com/9617.html(本文转自美拍秀)